歴史的観光地・福島県「会津」と山形県「立石寺」をご紹介します!

東北地方を旅してみたい。松尾芭蕉の「奥の細道」をはじめ、多くの偉人たちがそんな思いから、東北への旅に出発しました。

仙台は交通アクセスも良く、飛行機でも新幹線でも、長距離バスでも国内各地から容易に観光に訪れることが出来ます。この記事は仙台を拠点として、近隣の2つの東北の観光地をご紹介します。

地名を聞いたことはあるけれど、実際にそこへ行くにはどうよればよいのだろうか?有名なその観光地には何があるのだろうか?是非行ってみたい!

そのようなお悩みを持つ方々に、仙台出身で何度もこのルートで歴史探訪をしている私から、仙台近隣の観光地へのアクセス方法、観光名所などをご紹介して、お悩みを解決いたします!

スポンサーリンク

【東北観行】歴史探訪ベスト2「会津と立石寺」 をご紹介します!

仙台へのアクセスは容易でもその先の東北地方の観光地へは鉄道かバスを利用することになります。仙台を拠点として「福島県・会津」と「山形県・立石寺」への旅をご紹介します。

福島県 会津地方へ

[アクセス方法] 会津地方に行くには仙台から新幹線と在来線を利用する方法と、高速バスを利用する方法があります。時間的には新幹線を利用した方が速いのですが、おススメは乗り換えなしで行くことが出来る高速バスの方法です。

鉄道【仙台駅】・(東北新幹線・48分)・【郡山駅】・(磐越西線・快速1時間5分)・【会津若松】 高速バス【仙台駅東口】・高速バス(約2時間25分)・【会津若松駅】。JRバス東北か会津バス

鉄道の場合、乗り換えがありますし乗車時間が短いので車内でゆっくりと過ごすことが出来ません。一方、高速バスの場合ですと仙台駅前から乗車してしまえば乗り換えなく会津若松まで一本でいくことが出来ます。

途中でトイレ休憩もありますので、おやつや飲み物を購入して大きなバスの車窓から東北の景色をのんびりと眺めることが出来るのです。

古代には坂上田村麻呂、源義経、弁慶、源頼朝、松尾芭蕉、明治維新の新政府軍が北上した現国道4号線を、仙台から南下するルート(東北自動車道)で辿ります。

高速バスに揺られながら、かつての出来事に思いを馳せるのも歴史的ロマンに浸ることが出来ます。仙台→会津若松をバスで何度も往復している私はこの点からも高速バスでの旅をおススメします!

[会津若松城・白虎隊]・・・現在から約150年前の明治維新直前、1868年に京都から始まった旧幕府軍(薩長同盟)と新政府軍との「戊辰戦争」は上野・会津を経て函館まで至り終結した。

特に強大な朝敵とされた会津藩は長期間に及ぶ攻撃を受け、少年・婦女子たちも戦力として戦いに加わった。有名なのが「白虎隊」(16歳から17歳の男子)。

8月に出陣を命じられた20人の白虎隊員は若松上の北東で「飯盛山」で従軍する。その際、山中から見た若松場が攻撃を受けて炎上していると思い込んでしまい嘆き悲しんだ。

偶然戦地で生き残った隊士がこの出来事を語り伝え、後世に残る会津戦争の有名な哀話となった。現在はこの地に「白虎隊の墓」が立てられており静かに若松場を見守っている。

会津藩は藩士の心得として、幼い頃から藩士の教育に「什の掟」というものを藩校で教育してきた。会津人が独特な生き方をしているといわれるのも、幼少期から学んできた道徳教育に礎がある。

NHKの大河ドラマ「八重の桜」の『ならぬものは、ならぬものです』という言葉で有名ですね。会津若松城から近い距離にこの教育を伝える「会津藩校・日新館」と「白虎隊の墓」もありますので、会津観光の際に訪ねてみて欲しいと思います。

山形県 立石寺へ

[アクセス方法]【仙台駅】→JR仙山線・50分→【山寺駅】・徒歩10分・【立石寺】

仙台駅から仙山線に乗って渓谷を眺めながら50分です。車窓は谷あいを走ってゆくので、四季折々の景観がとても美しい。途中駅には温泉で有名な「作並駅」もあります。

立石寺は9世紀(860年)に清和天皇の勅願によって建てられ、慈覚大師を開祖とする天台宗のお寺です。

一つの山を切り開いて立てているお寺で、全山で11のスポットがあります。一山を参拝しながら登山感覚で約90分。立石寺だけでなく、是非全山を巡って自然と景観に触れることをおススメいたします。

山道ではありますが、普段着・普通靴でも十分に参拝が可能です。ここは何といっても絶景のパノラマをご覧ください。鉄道も道路もなかった時代に建てられたお寺なのです。

立石寺に来ただけでも東北のどこに行けば観光を楽しめるのかな?というお悩みは解決されされますよ。春の桜、夏の青葉、秋の紅葉、冬の小雪。ここにはすべての自然景観があります。

松尾芭蕉もその景観を伝え聞いてはるばる江戸から立石寺までやってきました。俳人ですから殊更に自然を愛していたことでしょうし、その景観にこころを奪われたのではないでしょうか。

『 しずかさや いわにしみいる せみのこえ 』(1689年) 芭蕉

スポンサーリンク

【仙台】東北観光の拠点として滞在も移動にも便利!

仙台は東北地方の玄関口として、東北6県のへのアクセスの拠点となっています。仙台自体も観光地が数多く、充分に観光が出来るのですが仙台を拠点とするとさらに奥深い東北への旅を楽しむことが出来ます。

今回の記事では福島県と山形県の、どこに行こうか?という観光のお悩みを白虎隊・立石寺という観点から紹介しました。2つ共に仙台からのアクセスがよく興味深い観光地なので、お悩みは解消された事と思います。

他の東北各県の観光地へも、もちろんダイレクトで行くこともできますが、航空、新幹線、高速バスなどのアクセスを考えると仙台を拠点として移動した方が便利です。

東北の中心部に位置しているので、宿泊にも便利で翌日に朝からすぐ移動できる利点があるのです。仙台に数日間滞在して、近隣県の観光地をゆっくりと訪ねることが出来ます。

【まとめ】仙台を拠点に他の近隣の歴史的観光地を旅する

最後にこの記事のまとめとして東北の近隣県の有名ないくつかの厳選観光地をお伝えします。是非仙台を拠点として足を延ばし、東北観光を楽しんでみて下さい!

すでにどこに行こうか?というお悩みは解決されたと思いますが東北をさらに深く楽しみましょう!!

【青森県】・奥入瀬渓谷\(紅葉が見事)、弘前城址(桜が絶景)、酸ヶ湯温泉(積雪数メートル) 【岩手県】・平泉(世界文化遺産・奥州藤原氏)、石割桜(岩を割って咲いている桜・盛岡市)  【秋田県】・玉川温泉(ガンに効果と有名)、田沢湖(深さ日本一)、大曲の花火(最高峰大会)
立石寺から近い「蔵王温泉」もおススメですよ!・・・https://bell.kim-kuni.com/zao/
スポンサードリンク