【仙台】伊達政宗を想う旅・政宗由来の観光名所をご紹介します!

戦国武将・伊達政宗は絶大な人気があります。1987年に放送された渡辺謙さん主演の大河ドラマ『独眼竜政宗』は平均視聴率39.7%で現在でも歴代一位の記録です。

政宗に憧れを持って仙台を訪れる歴史ファンは後を絶ちません。このブログでは現存する政宗の記念館などを紹介します。政宗を想い・感じたいのだけれど、どの施設に行ったらよいのかわからない。

もう少し政宗を知るために何を見たらよいだろう。そんな方々のお悩みを観光地を紹介しながら解決して行きたいと思います!

スポンサーリンク

【仙台】伊達政宗居城の地・青葉山

伊達政宗と言えば右目にしている眼帯が有名ですね。米沢藩の嫡子として生まれながら、天然痘で4歳の時に右目を失い、自己へのコンプレックスと母親に受け入れられない寂しさで、辛い幼少期を過ごしました。

17歳で伊達家の当主に就任するとその責任感からか、一転して活動的な青年期を過ごすようになり22歳で大戦を制し奥州南部を平定しています。

 

中央では豊臣秀吉が天下統一を手にかけ、その後徳川家康の配下に下りました。1601年に仙台に城を築き、初代仙台藩主に。この城で財力を蓄え武将としての力量が国内屈指となりました。

よく「政宗があと10年早く生まれていれば天下を取れていた」と言われますが、それは歴史のロマン。個人の見解に委ねるとして、この記事では政宗の生涯に思いを巡らす史跡を紹介します。

スポンサーリンク

【仙台】伊達政宗を想う仙台市内の史跡巡る・バスに乗っていこう!

政宗は様々な「好きな武将ランキング」では必ずトップ5に入っています。ですので、伊達政宗をもっと知りたいという思い、どこへ行けばこの悩みは解決できるのだろう?そんな歴史ファンや昨今の「歴女」は多いものです。

居城・仙台市内にある政宗に関する観光地を巡り、もっと政宗を知ってその悩みを解決しましょう。自分の足で尋ねるのも良いですが、仙台駅前から「るーぷる仙台」という市内の観光地を巡る観光バスがあります。

 

平日でも20分間隔(土・日・祝は15分間隔)で出発しており、すぐ乗れます。片道(一方通行)70分で仙台市内を巡ります。とても便利!

観光バスのルート上にある政宗関連の施設を仙台出身の私がコメント付きで紹介します。バスを降りる頃には政宗の歩みを知り、悩みが解決されて充実した心持ちになっている人でしょう!

 

サンモール一番町商店街・・・アーケードが長い商店街で伊達政宗や支倉常長(政宗の命を受け、慶長隋欧使節としてローマに渡った家臣)のモチーフが飾られています。お土産探しには最適な商店街です。とにかく若者が多く、いつも賑わっている。仙台の中心部。
瑞鳳殿・・・・・・・・・・・駅前からは少しは離れているが、バスなら便利。伊達政宗が祀られている墓所。しばし政宗を想い、祈りを捧げる方々も多い。荘厳だが静けさに満ちている墓所。すぐ近くには伊達家2代.3代藩主の墓もあるので是非参詣を忘れぬよう。政宗を静かに想うには最適の場所です。
仙台市博物館・・・・・・・・政宗の陣羽織や具足だけでなく秀吉の具足も展示してある。国宝も3点あり、仙台藩の歴史に関する資料も豊富なので、じっくりと訪れたい場所。月曜日が基本的に休館日なので注意しましょう。
仙台城跡・・・・・・・・・・かの有名な「騎馬像」が迎えてくれます。山の上にあるので、眼下には政宗が治めた城下町を見下ろすことが出来ます。政宗は軍事だけではなく仙台藩の治政にも尽力したことで有名です。港の整備や干拓事業で藩を豊かにしていました。天気が良いと混んでます!
大崎八幡宮・・・・・・・・・政宗が創建した神社です。現在でも厄除けや商売繁盛を願う民の信仰を集めており、拝殿は国宝となっています。仙台から山形に通じている大国道に面して立っているので、正月などは参拝客で溢れ交通規制が敷かれて車線が減少し、ドライバーにとっては少し不便。正月飾りを燃やす「どんと祭」が有名な神社!
いかがでしょうか。仙台市内だけでも見どころ満載です。バスに乗って移動するだけで政宗の姿が浮かんでくるようです。
 

一度は「るーぷる仙台号」でぐるっと市内を巡り、次の機会には気に入った政宗関連の場所をじっくりと訪ねてみる。悩み解消どころかますます伊達政宗が好きになることでしょう!

【仙台】伊達政宗ゆかりの松島・観光もできる名勝3施設を紹介

仙台市内以外にも、もちろん政宗ゆかりの施設があります。松島は仙台に宿泊して足を延ばせる距離ですので、松島の絶景を楽しみながら政宗ゆかりの地を訪れてみるのも面白いですよ!

 

五大堂・・・・・・・・・・・日本三景にあり、政宗も好んで松島の景観を眺めました。重要文化財でもあります。政宗が建立しましたが、伝説では坂上田村麻呂が9世紀に「毘沙門天」を祀ったのが始まりと言われています。海岸から赤い橋を渡った小島にあり、途中で下を見るとちょっと怖い。

みちのく伊達政宗歴史館・・・政宗の生涯を「ロウ人形」で25の場面で紹介しています。瑞宝殿で発掘された遺骨から復元した「顔」やコンピューターで再現した「声」を体感することが出来る。「みちのく」とある通り、他の東北出身の著名人の「人形」も展示している。私も「声」を聴いたが、「まさむねの・・・」と間延びした声が複雑な印象でした。
瑞巌寺・・・・・・・・・・松島海岸に平安時代に建立された臨済宗のお寺で国宝。仙台城の築城と共に領民の精神的拠り所として、この寺の大改修を行った。境内には政宗自らが植えたとされる梅の木がある。伊達家の菩提寺として仙台藩内随一の格式と規模を持っているお寺。
 
3つの施設共に松島町内にあり互いの距離が近いので、一日をかけてゆっくりと歩いて移動しながら参拝することが出来ます。仙台からは仙石線で「本塩釜」で降りるのがマニアックな楽しみ方です。
 
塩釜から松島行きの遊覧船に乗って、海から日本三景の島々を楽しんだ後に松島海岸に上陸し、3つの施設を巡るのです。仙台での朝食後に移動を始めても十分一日を満喫できますよ!

まとめ・伊達政宗を想う旅は続きます

今回の記事でより伊達政宗に近づく観光地をお伝えしました。旅行を終えたらお悩みではなく、もっと知りたい、また仙台に行きたいという欲求が起きていることでしょう。

人気の武将は仙台で、松島であなたの「知りたい!」を解消してくれます。由来の観光地を訪ねて伊達政宗に会いに仙台へ行きましょう!

政宗が愛した仙台の温泉です!・・・https://kim-kuni.com/springatsendai/

スポンサードリンク