神のことばで生きていく!聖書からマタイ・祈ることに意味がある?

スポンサーリンク

祈りが叶わなかった時には叶わなかったことに意味があります ...

神のことばは生きています。2.000年前に書かれた書物ですが、私たちにとって、聖書は決して昔のものではありません。現代に生きる私たちにとっても、同じ「神のことば」です。

昔に書かれたから、その時代で終わり。なのではなく、神のことばは現代を生きる私たちにとっても、大切な「いのちの糧」なのです。

今回のマタイさんからの速達を読んでみましょう。

マタイ福音書・願いや祈りとは?

あなたの祈りは届く。祈りの効果は実験で立証されている ...

神道のいろいろな儀式でご祈祷をいただいて、家族がみんなこれから安心安全、ということは残念ながらありません。現実の話ですが、家を新築した家主さんが大規模なご祈祷を願って新築住宅の安全を祈りました。

しかし、新築の屋根にアンテナの調整に登った家主さんが、あろうことかまだ住んでいない自分の家の屋根から転落して亡くなってしまったのです。

私は中学生でしたが、とても心苦しい思いに捕らわれました。

自分が立てた家に住むことも無く亡くなってしまう人生とは・・・。

 

仏教でも何回忌という形で住職さんにお願いをして先祖供養をしてもらったり、家内安全を祈ります。このような祈り・願いは大切ですが、本当に効果があり、毎日幸せという方は居ないのではないでしょうか?

実際、私も祈りを続けていますが、とんでもない幸運に恵まれたとか、素晴らしい出来事が続いたということはありません。

私たちが願うこと、祈ることと、神さまが望むことには違いがあるのでしょう。私たちは自分で人生を選んで産まれてきたわけではありません。「神様から望まれて」今を生きています。

神さまは私たちに「自由意志」を与えてくれました。ですので、神さまが望んだのだから、神さまのロボットなのではなく、自分の人生を自分で選んでゆくことができるのです。

 

そのようにして私たちは日々を生活していますよね。自分の責任でいろいろな事柄を選択し、その結果を受け止めています。

願ったから、祈ったからといって、そのことが実現していくとは限らないのです。利己的な願いを神社やお寺さんで祈っても現実にはならないことを私たちは知っています。

毎年「サマージャンボと年末ジャンボが当たりますように」と祈ったとしても当たらないのです。

 

マタイさんは「あなたが祈るときは、奥まった自分の部屋に入って戸を閉め、隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父が報いてくださる。

あなたがたの父は、願う前から、あなたがたに必要なものをご存じなのだ」と伝えています。

マタイ福音書・私たちに必要なことは?

十字の祈り : ようこそ、町田カルバリー 家の教会のブログへ!

私たちが祈ることにまったく意味が無いという訳ではありません。むしろ、命の与え主である神さまの望みに沿って祈るならば、私たちは幸いです。

マタイさんが語っているように、自分本位の願いや自己中心的な祈りは叶えられないのです。私たちは命の与え主である神さまの「思い」を生きていくときにこそ、幸せなのです。

しかも、それを自分で選び取って生きていくことです。好き勝手に生きていて、都合の悪い時だけ「神様、お願いします!」というのは、あまりにも身勝手な事ですよね。

 

自分がしてしまったことに責任を取らずに、神さまのせいにしてしまうのも同じことです。

 

マタイさんの文章にはキリストからの教えとして「祈り」の仕方が書かれています。究極的に私たちは自分の思いや願望を捨てて、この祈りだけを心を込めて祈れば良いのです。

自分の中にある不安や孤独も、辛さや痛みも。あなたが抱いている寂しさも。この祈りに託して祈れば良いのです。余分な言葉を付け加える必要は無いのです。

あなたがたの父は、願う前から、あなたがたに必要なものをご存じなのだ」からです。

マタイ福音書・祈りの中心・キリストの祈り

祈りを捧げる女の子の写真素材 - ぱくたそ

願いたい時、祈りたい時。私たちは何か自分にとっての利益を考えてしまい方です。

しかし、キリスト教の祈りは現世ご利益的なものではありません。自分のつらさ、寂しさ、痛みや苦しみを抱えながら、ただ純粋に祈るのです。

「主の祈り」

『天におられるわたしたちの父よ、
御名が崇められますように。御国が来ますように。御心が行われますように、
天におけるように地の上にも。わたしたちに必要な糧を今日与えてください。わたしたちの負い目を赦してください、わたしたちも自分に負い目のある人を
赦しましたように。わたしたちを誘惑に遭わせず、
悪い者から救ってください。』(訳文は様々あります)

この祈りの中に、全てが込められています。救い主であるキリストご自身が教えてくださった祈りです。

あなたが苦しい時、孤独な時、どうしてよいか分からない時。この祈りを唱えてください。マタイさんが伝えているように、あなたは独りではありません。

 

大切な神さまの子供です。その神さまに自分の生き方を委ねてみましょう。力が抜けて、神さまと共に生きていることを実感することでしょう。何も不安はありません。

あなたはあなたのままで生きていくことが神さまにとっては大切なのです。リラックスしましょう!

マタイ福音書・まとめ

長崎から世界の平和を祈る…。博士が残した原爆の恐ろしさを永井 ...

長崎で被爆された永井博士の祈り・妻へ

あなたは独りボッチじゃないよ!!とマタイさんは伝えています。「あなたが大切なんだよ!」というメッセージを受け取り、祈りを通して神さまと共に生きていきましょうね!!