10月10日メンタルヘルスデー・リストで心をチェックしませんか?

風景・自然の写真素材サイト 10選

今日は世界メンタルヘルスデーです。メンタルヘルスに関する関心を高め、偏見を無くし、正しい知識を普及させることを目的としています。

近年「こころの病」に苦しむ方々が増加の一途をたどっています。小学生でも「児童精神科」や「心療内科」を受診している状況です。

子供達のケースでは「ゲーム依存症」からの受診が多いようですが、ゲーム依存でなくても心を病んでいる児童が多いことは切ないと感じます。

この記事ではメンタルヘルスについて、どのような状態が心の健康とされているのか、またメンタルヘルスのチェックリストをお伝えします。ちょっと最近、心が疲れて来たなと感じる方はチェックしてみて、適切な対応に繋げていきましょう。

スポンサーリンク

メンタルヘルス・心の健康とは?

風景・自然・景色のフリー写真素材 無料画像 | フリー素材のプロ・フォト

このところ、テレビなどでもよく耳にするようになった「メンタルヘルス」という言葉。

世界的には『自身の可能性を認識し、日常のストレスに対処でき、生産的かつ有益な仕事ができ、さらに自分が所属するコミュニティに貢献できる健康な状態』と定義されています(WHO・世界保健機関)。

なんとなく漠然とした定義のようにも感じますね。

心の健康は自分では気づけないことも多く、気が付いたら疲れ切ってしまっていたり、誰かから心配されて初めて「おかしいな?」と感じたりもします。

WHOの定義の中に「日常のストレスに対処でき」とありますが、対処できているつもりでも実はできていなくて、少しずつ心に負担が掛かって行ってしまうこともあります。

無意識に自分自身をコントロールできなくなってしまう状態が「こころの病」の状況です。

 

この状況はとてもデリケートな問題ですので、対処方法を誤ってしまうと一層心にダメージを与えてしまうこともあり得ます。

正しいケアを学ぶとともに、必要ならば専門医に診てもらうことも大切です。「こころの病」の代表的な疾患についてお伝えします。「もの思う秋」・https://bell.kim-kuni.com/monoomouaki/

スポンサーリンク

メンタルヘルス・代表的な5つの疾患

自然・風景|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

うつ病

<症状>気分の落ち込みや、それまで好きだったことが楽しめなくなる。イライラしたり、ネガティブな感情が大きくなる抑うつ状態が続いたりします。また、不眠や集中力がなくなったりもします。このような状態が2週間以上続く場合は注意が必要です。

<原因>特定の何かが原因となるよりは複数の要因が積み重なって発症するとされています。生活環境や性格、遺伝など様々な要因が考えられます。

<治療方法>症状によって異なりますが、休養・薬物療法・精神療法を組み合わせて治療を進めるのが一般的とされています。

パニック障害・不安障害

<症状>パニック障害は不安障害の1つで、突然不安な気持ちが抑えきれなくなります。めまいや動悸、発汗や呼吸困難を起こしたり、強い不安やイライラ、興奮、倦怠感を感じたりもします。

突然、予期せずにこのような発作が起こるので「また発作が起こるのではないか?」という不安感が、より一層精神的に不安定にさせます。突然の発作が怖く、外出を控え引きこもりやかくなるのが特徴です。

<原因>はっきりしは解明されていません。有力な説は「脳機能異常」が挙げられ、ストレスなどの心理的要因や環境も関係しているとされています。

<治療方法>薬物療法が有効で精神療法も並行して行われます。再発する可能性のある疾患ですので、症状が改善しても処方薬はしばらく飲み続けて様子を見る必要があります。

適応障害

<症状>抑うつ気分や不安感、怒り、神経過敏、めまいや発汗などの心身的症状に加えて、無断欠勤や危険運転、けんかなど行動面での症状が現れることもあります。精神的な症状がうつ病と似ていますが、適応障害は原因から遠ざかることで症状が落ち着きます。

<原因>生活や環境の変化、特定の出来事をストレスに感じることで発症します。

<治療方法>ストレスの原因となっている状況や出来事から離れる事が一番の治療です。

写真素材】自然系なんでもない写真集その2【商業利用・加工フリー ...

睡眠障害

<症状>不眠や日中の眠気、睡眠中の病的な行動など、睡眠にかかわる病気の総称。睡眠時間を取っているのに寝足りないと感じたり、夜中に何回も目が覚める。そんな状態が1カ月以上続く時は睡眠障害の可能性があります。この状況が続くと身体的に健康を損なったりもしますので早めに専門医に相談しましょう。

<原因>生活習慣や精神疾患、薬の副作用など原因は様々です。要因が絡みあっている場合もあります。

<治療方法>症状によって異なります。ですので、専門医の診察や検査を受けて原因を特定することが大切です。軽度の不眠の場合は運動や生活習慣の改善によって効果が見られることもあれます。

依存症

<症状>アルコールや薬物に代表される精神疾患で、特定の物や行為を強く求めます。依存している対象をやめられない、衝動的な行動をするなど自分の行動をコントロールすることが出来なくなります。そのため、日常生活に支障が出るようになり、身体的・精神的に大きなダメージを負うばかりではなく、禁断症状が出てイライラ、手の震え、頭痛、吐き気などが現れます。

<原因>依存しているものを摂取したり、依存している行為を行ったりすると脳内でドーパミンが分泌され、快感や喜びを感じます。それを繰り返していると依存しているものをより多く求めるようになるため、依存がやめられない悪循環に陥ります。

<治療方法>本人の意思だけでは依存しているものなどを断つのは難しいため、専門機関による入院治療や自助グループの支援を受けて依存心を克服します。なるべく早く治療を始めることが大切です。                              (参照:アドバンテッジJOURNAL)

メンタルヘルス・チェックリスト

春の山の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

なんか最近ちょっと調子が悪いなぁ。以前と違う感じがする。と思った方は一度メンタルヘルスチェックをしてみませんか?

自分の心の在り方、感じ方を客観的に眺めてみることで現在の自分に気付くこともあります。リラックスしてあまり深く考えずに質問に答えてみましょう。

チェックリスト・リンク

まとめ

夏の青空と雲の無料の写真素材(フリー素材)をダウンロード - ぱくたそ

最近増加してきているメンタルヘルスの不調について、代表的な精神疾患とチェックリストをお伝えしました。誰しもが一生のうち一度は「うつ病」になると言われています。

私たちも精神疾患をお持ちの方に偏見を持つことなく、温かく接することが出来ますように。私も「うつ病」の診断を受けたことがあります。睡眠導入剤は今でも服用しています。

「こころの風邪」とも言われますので、まずはリストでチェックしてみましょう!

スポンサードリンク