【一度は行きたい】政宗・謙信・信玄の3武将が愛した温泉に行こう!

スポンサーリンク

フリー写真] 源泉かけ流しの温泉 - パブリックドメインQ:著作権フリー ...

日本は温泉の島です。古代から坂上田村麻呂を始め、多くの朝廷や武将が温泉を愛し、もろ肌を脱いで、側近と湯に浸かりこの国の将来を語り合ってきた場でもあります。

著名人ばかりではなく、温泉地に近い地元の方々は田植えが終わった後、収穫の後など、折に触れて温泉に湯治に出かけ、心身を休めて英気を養ったという記録があります。

 

現代においても私たちにとって温泉は日常生活から離れて、心身をリフレッシュさせてくれる「癒しの場」であり、「憩いの場」となっていますね。

この記事では激動の時代である「戦国時代」に特に温泉を好んだ3人の武将にスポットを当てて、なぜ彼らはしばしば城を空っぽにしてまで「温泉」に出かけたのか?という疑問を解消します。

皆さんもお近くでしたら、武将が愛した温泉に出かけてみて下さい。今よりももっと武将と温泉が好きになることと思いますし、彼らが描いた将来像を追憶する観光が出来ますよ。

温泉・武将たちも時々訪れた?

5つの自慢|仙台秋保温泉 佐勘

戦国武将たちにとって温泉はなくてはならない存在でした。まず第一には乱世の世にあって温泉は「治療の場」だったからです。病院も薬局もない時代、彼らは温泉に浸ることで傷をいやし、活力を養っていたのです。

野戦病院のイメージです。激戦の後、城に戻る前に近隣の温泉に立ち寄っていたり、次の戦いに備えて体を自然の恵みでメンテナンスしていたのです。

 

栄養を摂って、湯に浸かり、しっかり熟睡して心身の英気を充満させていたものと思われます。しばし城を留守にしてでも温泉地に出かけていたのは、その必要性を認識していたからに他なりません。

もちろん、城主が留守であると近隣に伝わっては攻めてこられる恐れがあるので、重臣たちのみを連れて少人数で出かけたのでしょう。

 

また、当時は城の内部にも間者(他藩からのスパイ)が紛れ込んでいることは十分に考えられますので、間者のいないところで重大な会議をする必要もあり、場所を温泉地にしていたものと考えられます。

なぜ城を空っぽにしてまで出かけていたのか、という疑問はこのように理解でき解消されます。ですので、温泉を愛してもいましたが、時には親族の裏切りなどもあった時代、場所を変えて内密に会議をする必要性があったのです。

温泉・3人の名将も愛する温泉があった

東北旅行といえば温泉!雪景色が眺められるおすすめの露天風呂を紹介 ...

温泉と言っても、現代とは事情が当然違います。観光バスが連れて行ってくれるわけではなく、道路が整備されているわけでもありません。少人数のグループはもっぱら「馬」が交通手段でした。

美味しい旅館料理もなく、地元で採れた山菜、熊肉、イノシシ肉を煮込んだ鍋。フカフカのベッドが無いので山小屋のような温泉地ではゴザの上で眠っていたようです。

殿様はさすがに多少は豪華だったかもしれませんが、他の重臣たちとさほど違いは無かったでしょう。「温泉にゆったりと浸る」というのが何よりのご馳走でした。

伊達政宗が愛した温泉

〇宮城県「秋保温泉・佐勘」・・・古代から現在も続いている1.500年の歴史を持つ温泉。その時代ごとの盟主に愛され守られてきた。
伊達政宗が仙台藩主となって特に御殿湯の管理に力を入れていたとも言われ「政宗ゆかりの宿」とも呼ばれています。現在は一般の観光客でも入浴ができ、宿泊も可能です。仙台市内から車で30分と近いことも好まれた大きな理由でしょう。
〇宮城県「青根温泉・湯元不忘閣」・・・伊達政宗がその湯のすばらしさに『この地忘れまじ』と語ったことからその名がついた温泉。
秘湯というべく大変山深い場所に立地している。伊達藩一門の湯として多くの家臣たちも利用してきた。山の中で湯に浸りながら、遠くに見える仙台の城下町の光を見て、政宗は何を想っていたのでしょうか。

上杉謙信が愛した温泉

長野県長野市|川中島古戦場史跡公園 <アゼスタ観光地ブログ ...

〇新潟県「松之山温泉」・・・冬場は積雪が3mを超える豪雪地帯、開湯800年の歴史がある松之山温泉。温泉が地下深くから不純物を含まず地表まで湧き出して来るので、ホウ酸と塩分含有量の純度の高い温泉である。
ホウ酸は目薬の成分などにも使われる成分で「消毒や洗浄」の効果がある。やはり、激戦の傷をいやす場でもあったのでしょう。塩分が多いことは湯が冷めにくいということでもあり、風呂上りも湯冷めをすることが無い。
現代は温泉地も整備されていて、ゆっくりと寛げる宿が多い。宿敵・信玄との戦いの際にも「塩を送った」という人道的な人物像はこの温泉の泉質にも由来しているのかもしれない。

武田信玄が愛した温泉

〇山梨県「下部温泉・古湯坊源泉館」・・・武田信玄の隠し湯とされている伝説は山梨県に数多く存在しています。
その中でもこの「下部温泉」は川中島の合戦で負傷した兵士たちが傷をいやした、と伝わると特に有名なスポットです。「源泉館」には信玄が書いたとされる免状もあります。
また、信玄の父・武田信虎から贈られたという書状が展示されており、歴史好きにはたまらない温泉地ですね。この温泉は、泉質・新湯注入率などの調査で「オール5」という高評価を受けています。
「日本温泉協会」による認定で、全国2万余りの温泉施設のうちで「オール5」は16か所のみ!一度は入ってみたい温泉ですね。

温泉・まとめ

ウットリ顔で温泉につかるニホンザルの姿が愛らしい!長野県「地獄谷 ...

武将たちが温泉を愛していたのは、のんびりできるからという単純な理由だけではなく、激戦の傷をいやすためであり、重大な藩政の会議の場としても活用していたのです。

戦をどうするか、藩をどのように運営していくのか。ときにはゆったりと傷をいやしたこともあったのでしょうが、武将たちには立ち止まることは許されない時代でした。

 

私たちもそんな武将の思いに触れる温泉観光をしてみましょう。好きな武将ゆかりの温泉に浸かり、自分の歩みを振り返ることも大切です。武将が何かを語りかけてくれるかもしれません。

伊達政宗が愛した温泉に行きませんか?・・・https://kim-kuni.com/springatsendai/

仙台といえば「芋煮会!」美味しいよ・・・https://kim-kuni.com/imonikai/

政宗の居城「青葉城」の情報も・・・https://www.city.sendai.jp/

スポンサードリンク