東京2020パラリンピック大会の日程・注目競技をご紹介いたします

車いすマラソン - Wikipedia

オリンピック東京2020大会は順調に競技が進行しています。連日、日本勢がなにがしかのメダルを獲得しており、観戦していても活躍が見られて楽しいですね。

オリンピックに続いて開催されるのが「パラリンピック」(障がい者スポーツ大会)です。この記事では近年注目が高まってきている「パラリンピック」の日程や、注目の競技についてご紹介します。

 

オリンピックだけではなく、パラリンピックも熱い競技があり、興味を惹かれます。障がい者スポーツ大会を見たことのない方や、どのような競技にどのような障がいを持つ方々が参加するのか。

テレビ中継などでは詳しく障がいの特性なども紹介してくれますので、ハンディキャップを持っていても、それは「その方の個性」であって、同じ人間に変わりわないのだ、という視点を持って是非観戦してみて下さいね。

スポンサーリンク

パラリンピックの価値・理念など

初めに、パラリンピックの価値について国際パラリンピック委員会の掲げているものを確認しましょう。理念のようなものです。この4つの価値を重視しています。

  • 勇気(courage)・・・マイナスの感情に向き合い、乗り越えようと思う精神力
  • 強い意志(detemination)・・・困難があっても、諦めず限界を突破しようとする力
  • インスピレーション(inspiration)・・・人の心を揺さぶり、駆りたてる力
  • 公平(equality)・・・多様性を認め、創意工夫すれば、誰もが同じスタートラインに立てると気づかせる力

パラリンピックのマークについて|東京2020 オリンピック・パラリンピック

パラリンビックのシンボルは(上の画像)「赤・青・緑」の三色から成り立ってします。この三色は世界の国旗の中で最も多く使用されている色ということで選ばれました。

ラテン語で「スリーアギトス」と呼ばれますが、「アギトス」とは「私は動く」を意味しています。困難なことがあっても諦めずに、限界に挑戦し続けるパラリンピアンを表現しているのです。

スポンサーリンク

東京2020パラリンピック大会の日程です

東京2020パラリンピックマスコット

パラリンピックは2021年8月24日から9月5日まで、22競技・539種目が行われます。競技数も毎大会ごとに増加してきているのです。

種目は「車いすや障がいの程度」などによって細かく分類されています。視聴覚などの障がいによってもクラスが違います。

種目数が数が多いので、すべてをご紹介はできませんが、注目の日程と競技を抜粋してお伝えしたいと思います。それぞれの方が自分のクラスで精一杯試合をしますよ!

 

  • 8月24日 開会式・・・セレモニー。こちらも「和」をイメージしたものになのるかな?
  • 8月25日 水泳・・・身体や聴覚障がいを持つ方などがエントリー。速いです!
  • 8月26日 卓球・・・障がいのカテゴリー別の予選が始まります
  • 8月27日 柔道・・・オリンピック同様に日本勢のメダルに期待です
  • 8月28日 陸上・・・義足を付けた選手たちが大活躍します
  • 8月29日 車いすラグビー・・・激しい!ぶつかり合いがて展開されますよ
  • 8月30日 車いすバスケット・・・決勝トーナメント進出なるか?
  • 8月31日 自転車(ロード)・・・タイムトライアルが開催。腕だけですごいスピード
  • 9月1日  ボッチゃ・・・よりゴール近くに投げる競技。頭脳戦です
  • 9月2日  卓球・・・・男女団体決勝で「金メダル」が決まる
  • 9月3日  ゴールボール・・・女子は2大会ぶりの金メダルを目指しています
  • 9月4日  車いすテニス・・・男子シングルス決勝
  • 9月5日  マラソンなど決勝・・・閉会式があります

国枝慎吾選手 特別無料講演「世界王者の飽くなき挑戦」~世界王者で ...

国枝慎吾選手・・・車いすテニスのベテラン!「メダル」候補です!

パラリンピックの新競技も関心が高いですよ

この東京大会からパラリンピックに2つの新競技が追加されます。

〇「テコンドー」(9/2-4)・・・韓国発祥の格闘技です。「足技の格闘技」であり、実際に防具を身に着けて蹴りあう激しいスポーツです。

パラリンピック大会ではクラスごとに分類されてメダルを争います。特有のルールとして「胴部への足技だけが有効な攻撃」として認められ、頭部への攻撃は反則となる。

至近距離での蹴りの応酬は迫力満点で、力強さとスピード感が醍醐味です!

 

〇「バドミントン」 (9/4-5)・・・身体障がいを対象とする6つのクラスで争われます。ルールは一般と同じです。先だって予選が行われます。

クラスによって一部アレンジ(コートを半分にする)などの工夫がなされている。それぞれのクラスによってテクニックや試合の駆け引きが違うので、クラス別に観戦するとより楽しめますよ。

まとめ

パラ陸上・辻 沙絵選手「女子400m」・・・早いんです。美人さん。

東京オリンピック2020美女アスリート図鑑【全文公開】|文藝春秋digital

オリンピックが終了しても、楽しみはパラリンピックに引き継がれます。熱い試合が期待できますねぇ。特に新競技として加えられた「テコンドー」は個人的に注目しています!

頭部への蹴りが無しなので、どのような作戦で腹部にポイントを決めるのか。駆け引きに関心があります。皆さんもテレビ観戦で障がいへの理解も深めつつ、楽しみましょう!

パラリンピックの疑問の1つです!・・・https://kim-kuni.com/para01/

スポンサードリンク