お昼に【そうめん・にゅうめん・ひやむぎ】を美味しくいただこう!

スポンサーリンク

毎日の食事の中で「お昼」は軽めに麺類を食べるという方も多いと思います。会社員などは休憩時間が決まっていますから、のんびりと食べている時間はなく、近所の蕎麦屋さんだったり、ラーメン店に行く方もいるでしょう。

麺類はのど越しも良く、さらりと短時間で食べられるので、うどん屋さんやパスタ店も人気となっていますね。お腹が重くならないのもありがたく、午後からの仕事への影響も少なくてすみます。

 

中には意地でも「ラーメンに餃子」という方や、しっかりと「定食」を食べる強者もいますが、消化を考えるとお昼は少し軽めの麺類の方が、作業量も仕事もはかどり眠くなりにくいものです。

この記事では、幼児や夏休みの子供たちがいるご家庭のお昼に最適の麺類である「そうめな、にゅうめん、ひやむぎ」の美味しい食べ方をご紹介します。

料理も簡単で子供が喜びお母さん方も一緒に楽しんで食べられる、レシピも併せてお伝えいたします!

そうめん、にゅうめん、ひやむぎの違いについて

にゅうめん | 株式会社 神宗

この三つの麺類はよく似ています。パッケージに商品名が書いていなければ、どれがどれだが分かりませんよねぇ。

実際パッケージ自体も似ているので、間違って購入することもあります。大きな差はないのですが、3種類の麺の違いについて簡単にご案内いたします。レシピも参考にしてください!

そうめんについて・美味しいレシピ

「そうめん」と「ひやむぎ」は麺の太さによって違います。直径1.3mm以下のものをそうめんと呼んでいます。製法もまた違いがあります。

そうめんは、糸のように延ばすことで細く仕上げられます。食感はつるりとしていてのど越しが良いです。最近は華やかさを演出するために、色付きのそうめんも販売されています。

 

基本的には冷やした麺つゆで食べたり、氷を浮かべて食べたり「冷やし」て食べるもので夏場にはよく合いますね。

そうめんの歴史は古く奈良時代に中国から伝わり、僧侶たちの間で食べられていました。江戸時代になってそうめんという呼び方が定着しました。

【そうめんのレシピ】

  • 赤しそを使ったさっぱりそうめん・・・しそには夏バテ予防や、食欲増進の効果が期待できます。青じそではなく、赤しそが食欲をそそりますね。「海苔・おくら・ゆで卵」などをトッピングして栄養も摂れますよ
  • そうめんチャンプルーオイスター風味・・・定番のそうめんチャンプルーです。豚肉が入るので疲労回復をもたらし、オイスターソースで味わいに「コク」をプラスして食べます
  • 夏野菜天ぷらおろしそうめん・・・旬の夏野菜を味わいましょう。大根おろしを加えることで、夏らしくさっぱりといただけます。麺つゆが天つゆにもなりますよ

そうめん」と「冷麦」の違いをあなたは知っていますか? | TABI LABO

ひやむぎについて・美味しいレシピ

ひやむぎは直径が1.3mm以上1.7m未満のものを呼び、製法はうどんのように切って作られます。食感は少し太さがありますので食べ応えがあるように感じられます。

ひやむぎには時々色付きの麵を見かけることがありますが、これはそうめんと区別するために付けられています。ひやむぎも「冷やし」て食べるのが基本的な食べ方です。

ひやむぎの歴史は室町時代までさかのぼります。元来はうどんを細く切ったもので「切麦」とも呼ばれていました。この切麦を冷やして食べたものを「ひやむぎ」と呼ばれていました。

【ひやむぎのレシピ】

  • ゴーヤーひやむぎチャンプルー・・・ひやむぎでもチャンプルは美味しいです。のど越しがあるひやむぎに薬味がてら野菜を加えます。ひき肉ともやしの相性が良い
  • ぶっかけひやむぎ・・・モロヘイヤ、トマト、海苔などの具材を冷やしてひやむぎにぶっかけます。白ごまで風味をつけると食欲アップ
  • ピリ辛なすのひやむぎ・・・焼きナスに豆板醤で辛みを付け、好みの薬味をたっぷり乗せいただく夏のスタミナひやむぎです

にゅうめんについて・美味しいレシピ

そうめんを温かく煮たものを「にゅうめん」といいます。こちらは麺つゆを温めたものに付けて食べたり、初めから温かい麺つゆで煮て作ったりします。

夏場であっても、クーラーや水分の摂り過ぎで体が冷えているようなときには、温かくてお腹にも優しいにゅうめんも美味しいものです。

【にゅうめんのレシピ】

  • 味噌にゅうめん・・・味噌汁を再利用します。熱い味噌汁ににゅうめんを入れれば完成。山車が効いているので、何の味噌汁でも美味しい
  • 鶏ささみと野菜のあんかけにゅうめん・・・鶏ささみと野菜を刻んでじっくりと煮込みます。にゅうめんと共にあんかけ状にして食べます。少し冷まして離乳食としても、消化が悪い時にも栄養が摂れて重宝します
  • キムチにゅうめん・・・熱いにゅうめんにキムチと生卵を加えて、かき混ぜながらいただきます。冬場もあったかにゅうめんです

ご贈答に喜ばれる麺類

そうめん | フリー素材ドットコム

お中元、最近はサマーギフトとも呼んでいますが、乾麺類は定番の贈り物です。消費期限が長いことと、保存状態がほぼ変わらずに置いておけるので、気が向いたらいつでも食べられるという利点があります。

料理時間も短く消化にも良いので、老若男女問わず、好みの薬味で楽しめるという点でもバリエーションに富んでいる食材です。

「そうめん・ひやむぎ」がセットのものも販売されていて人気があり、幼児がいる家庭では「にゅうめん」にしてバランスよく野菜を食べさせることもできます。

まとめ

そうめん、にゅうめん、ひやむぎの違いについてお伝えしました。アレンジ次第で料理の幅が無限大に広がる食材ですので、上手に活用して季節を問わず、美味しくいただきましょう!

麺仲間でラーメンもご紹介です!・・・https://kim-kuni.com/sandai/

スポンサードリンク