身体を労わろう!【身体症状別】の食べない方が良い食品は何?

スポンサーリンク

食欲モリモリ! HOPPA南大野の子どもたち! | HOPPA南大野

何でもモリモリ食べよう!というのは健康な子供にとっての話。大人になって持病を持つようになると、そうはいきませんよね!

医者から食事制限を受ける場合もありますし、状況によっては「絶食・絶飲」の状況で点滴のみで数日過ごすこともあります。

例えば「高脂血症の方」は血液のドロドロが進まないように、脂質制限を受けますし、「高血圧」の方は心臓への負担が掛からないように「塩分」を少なくするように指導されます。

 

糖尿病の方は糖分の制限や投薬を受けますよね。この記事では中高年から高齢者まで幅の広い患者の方々が、ついつい食べてしまい、病状の数値を悪化させてしまわないように、複数の薬剤師さんのご指導を受けながらまとめました。

病院の薬を飲んでいれば、後は何をしてもいいというものではなく、可能な限り医師の指導に協力していきたいと願うものです。

医師の処方箋について

お薬の飲み方・使い方 :: 患者さんへ :: 福井大学医学部附属病院 ...

通常は会社などの「定期健診」は一年に一回です。基本的な検査を受け、血液検査を受けます。この血液検査に一喜一憂してしまうのが、私たちですよね。

前年度の検診で医師から「何かを指摘」されると、それだけで血縁検査が嫌になってしまうものです。特に肝臓系で指摘を受ける方が多いのではないでしょうか?

この血液検査の結果いかんによって「注意」とか「要再検」とか「投薬処方」が指示され、いやいやながら薬を飲み始めることになってしまいます。

 

しかし、人は忘れやすいもので、医師から薬をもらっているのに、飲み忘れて、大量のストックを抱えている患者さんもいます。苦笑いを浮かべて薬局に行きますが、薬をきちんと飲んでいないのですから、仕方がありませんね・・・。

医師に小言を言われてしまいます。処方された薬をきちんと服用していないと、前年度の血液検査と同じ結果や、それ以上に症状が悪化している場合も多いものです。

前年は血液検査だけで済んだものが、数値の悪化でさらに検査が増えてしまうこともあります。「CT」・「MRI」・「レントゲン」・「エコー」などしなくても良い検査が増えてしまうこともあります。

その結果、そのまま緊急入院ということにもなるもあるのです。医師から処方された薬は、必要だから投薬されるものですから、きちんと指示通りに飲むようにしましょう!!

医師は処方箋を書くだけではない

中途採用 - 社会福祉法人 幼老育成会

地元のかかりつけ医を持つようにと、最近は勧められています。まずは病状が出たときに、いきなり大病院に行くのではなく、馴染みの先生に診ていただくためです。

その地元のかかりつけ医の診立てによって。必要ならば地域内の大きな病院を紹介してくれます。地元の先生ですので、話しやすく、世間話などもできます。

実は地元の医師は血液検査の結果だけを見るのではなく、何気ない世間話からも、患者の状態を理解しようとしているのです。

 

一般的な処方薬で良いのか、もう少し専門的な検査が必要なのか?を判断しているものです。ですので、地元の先生には普段の生活から、ちょっとした身体の不調まで気軽に話した方が、より正確な診断へとつながっていきます。

地元の医師から、紹介状をいただいたら、早めに紹介状の先の大きな病院に予約を入れて、紹介状があること、そして診察の時間予約を取るようにしましょう。

医師の処方と日常生活・特に食べ物について

白玉点滴は効果の意味がない?受ける頻度や副作用やデメリット ...

先にも書きましたが、個人の病状によっては投薬や点滴だけではなく、絶食や絶飲を指示され、点滴だけで数日を過ごすこともあり得ます、これは消化器に疾患がありお腹を休めるという意味があります。

入院していての最大の楽しみが「食事」なのに、それを止められるということは患者にとってはとても辛いことです。食事の代わりに点滴を2~3本つながれてベット上で過ごすということもあります。

しかし、ここでごねても仕方がありません。医師の指示通り、のんびりと構えて体を休めるようにしましょう!

 

【塩分制限】・・・主として心臓疾患や、腹水など、体内に余分な水分が多量にある時に制限を受けます。場合によっては「利尿剤」などを用いて体内から水分を「尿」として排泄する処方もあります。基本的に塩分摂取量は6未満に抑えた食事になります。

【脂質制限】・・・食事ができるとはいえ、毎食食事に含まれる脂質をコントロールした食事となります。高脂血症などの患者さんの食事となります。

【糖質制限食】・・・糖尿病などで入院している患者さんへの食事となります。売店などでの間食も禁止です。

【カロリー制限食】・・・自己流で食事を管理することが難しい方の食事です。ついつい食べてしまいますので、入院して食事をコントロールすることも多いです。

【カリウム制限食】・・・カリウムの代謝が困難になった方に提供する食事です。摂取量を1.500mg以下に制限する必要があり、様々な食材に含まれているカリウムを調理する際にお湯などで湯こぼししたりします。

【タンパク質制限食】・・・腎臓病などでタンパク質を代謝で区内方に提供されます。主食も少量となります。

最近は宅配食なども流行していますが、必ず医師の許可を受けてから、信頼できる宅配業者にお願いするようにしましょう。

医師の処方について・まとめ

E・T| 勤医会看護師募集サイト【東京 埼玉 千葉】

私自身、消化器系で入院していまして、食事が美味しくないなぁ。と感じていました。味は薄いし、あまり食欲がわかなかったことも事実です。ご飯を食べて、薬を飲んでの繰り返し。

しかし、現代医学ではそれが最適な治療方法ですので、皆さんは定期健診で指摘を受けないように、普段の生活から「食事・運動・睡眠」を大切にしていきましょう!!

 

時間がありますので、自分を見つめ直すチャンスです・・・https://kim-kuni.com/simple/

好きな本を読み返すのも楽しいものです・・・https://kim-kuni.com/reading/

管理栄養士のすすめる食事の作り方・・・https://cuisine-kingdom.com/diet/

スポンサードリンク