梅雨時期の家庭での対策・手頃なアイテムでカビを防ごう!

スポンサーリンク

梅雨時期は、雨が続きますのでどうしても湿度が高い状況が続きますよね。このような多湿の状況は「カビ・ダニ」が発生しやすいものです。

室内でももちろんのこと、湿度を下げることが大切です。外気はどうしようもありませんので、ご家庭でできる室内の湿度を下げる工夫をご紹介したいと思います。

湿度の高い状況では、カビだけではなく、ダニや食中毒の原因となる殺菌の繁殖にもつながってしまうのです。

梅雨時期の対策・家庭

梅雨入り梅雨明けはいつ?雨でもお風呂効果で心身は晴れに!梅雨 ...

空気中の水分が多い状況が続くと、人も影響を受けます。何となく体が重いとか、むくみを感じるとか、気分的にもどんよりとしてしまうものですよね。

カビが発生しやすいのは、お風呂場やキッチンなどの水回りです。壁なども湿度が高くて結露が続き、カビの原因となってしまいます。

カビはアレルギー疾患の原因にもなり、アトピー性皮膚炎や、喘息の原因にもなりますので、小さな子供がいるご家庭では意識して湿度を下げたいものですね。

また、カビはダニの「エサ」にもなりますので、衛生的に生活をするためにも湿気対策をする必要があります。

梅雨時期の対策・ポイント

憂鬱な梅雨の時期。“どんより気分”を解消する8つのおすすめな ...

家庭でできる有効な対策をお伝えしたいと思います。

換気が有効的です

室内はまめに換気することで湿度を下げられます。窓やドアを2か所以上開けて、しっかりと風を通します。なるべく室内に湿度がこもらないように、換気の際には押し入れなども開けて換気をすることが大切です。

仮に雨の日であっても、換気をするとしないのとではカビの発生が違いますので、適度に換気をして室内の空気を入れ替えるようにしましょう。

扇風機を利用する

換気の際に2か所以上の空気の通り道を作って、室内の湿度を下げますが、なかなか換気が出来ないのがクローゼットや押し入れですよね。

その時に扉を開けて、換気と同時にクローゼットの「中」に向けて扇風機を回すのです。こもりがちなクローゼットや押し入れですが、扇風機で空気を入れ替えることにより、湿度が抜けて空気の入れ替えが出来ます。

除湿器やエアコン(ドライ)を利用する

エアコンのドライ機能を利用して、湿度を下げることもできます。部屋の扉を開けたまま、ドライ機能を利用すれば、さほど長時間エアコンを付けっぱなしにすることなく、室内の湿度を下げられます。

新聞紙を利用する

紙類は湿気を吸収する性質がありますので、便利に利用できます。特に新聞紙は表面がデコボコしていますので、湿気の吸収に有効で、消臭効果もあります。

台所のシンクの近くや、押し入れり中、家具の後ろなどに、一度新聞紙を「クシャクシャ」にしてから広げておくと良く湿気を吸い取ってくれますよ。

梅雨時期の対策・まとめ

憂鬱な梅雨…簡単にできる気分転換の方法 | お誕生日新聞 ...

カビやダニは子供たちの健康にも影響を及ぼしますので、可能な範囲で湿気対策をしたいものですね。小児喘息など、長く続く疾患もありますから、身近にある「新聞紙」を利用するのが簡単かと思います。

布団などの湿気も室内に「グシャグシャ」にした新聞紙を見えない所に置いておくだけで、効果があります。

一番簡単で安価な方法かと思います!どうぞ皆さんのご家庭でも湿度対策をして、カビやダニ、そして子供の健康のために利用してみて下さい!!

衣替えもシーズンですね・・・https://kim-kuni.com/koromogae/

梅雨時期の便利アイテム・・・https://kim-kuni.com/koromogae/

スポンサードリンク