夏に無茶なダイエットは危険ですよ!食べながら楽しく痩せよう!

スポンサーリンク

61405727196b4627b1babd88a49d73 ...

夏は黙っていても汗をかきますよね。「ダイエット」になって嬉しいわぁ。という方々も多いのですが、実は夏には夏のダイエット方法がありまして、実際にお腹が凹んでも素直には喜べないものです。

「体重計」が減っても、「真夏のダイエット」には危険が伴うのです。この記事では何が危険なのか、無理をするとどうなるのか?についてお伝えしたいと思います。

私自身が担当医から指摘された注意点もご紹介します。皆さんの夏場の体調不良にお役に立てると思います。こころ当たりの箇所をご覧ください!!

夏のダイエット・実は危険です

汗で服が白くなる原因とは?「美しい汗」と「悪い汗」の違い ...

多くの方はシャッが濡れたり、目に見えて体重が減ると「ニヤリ」としまいますが、まずは、この脱水について注意をしましょう!

夏は暑いので、テレビなどでも「こまめな」水分補給と冷房を推奨しています。暑いので、ついつい水分補給をしますが、そのことは適切な対処ですよね。

注意したいのは「何を補給するのか?」という所なのです。

よく、夏になると「ビール腹」のお父さんが増えますが、暑いからビールを飲むのは楽しいことですし、清涼感があり、心地よくほろ酔い状態になることができます。

しかし、排せつされないと水分が溜まる一方なのです。見た目もさることながら、ビール腹がなぜ危険なのでしょうか?

汗かきさん必見!「お手軽止汗術」3選 | 漢方ビュー 漢方の ...

「低ナトリウム血症」が怖い

自分のお腹の状態を感じて「これではいかん」と真夏にダイエットを始めて見たAさん。朝からの猛暑の中、いつも通りにウォーキングをしていると、急にめまいがして、道路にへたり込んでしまったのです。

「熱中症かな?」と思って日陰に移動しても、次第に意識がぼんやりしていってしまったのです。たまらずに病院に駆け込むと医師の診断は「低ナトリウム血症」でした。

 

お腹に水分は余っているのに、それは単なる水分で「日頃の塩分不足に加え」・「猛暑による急激な発汗」で低血圧になってしまっていたのでした。

これは私も担当医から指摘されました。暑いので「麦茶」をがぶ飲みしていたら、お腹だけが膨らんで、必要なミネラルを「塩分」を摂取していなかったのです。

 

暑いから冷たい飲み物を飲めば、当座は体が冷えて心地よいのですが、「塩分」が不足していたのです。点滴による治療となってしまいました。

白玉点滴は効果の意味がない?受ける頻度や副作用やデメリット ...

夏だからといって、急にダイエットを始めることは危険を伴うのです。「熱中症」が代表的な疾患で、毎年何十人もの方々が亡くなっています。

血液がドロドロになって、脳梗塞を引き起こす前兆にもなってしまいますので自分の体調管理をしっかりとするようにしましょう。

逆にダイエットを頑張りすぎて、水分が不足しがちな夏場は「脱水」による血栓症のリスクも高まります。

 

現在はコンビニなどでも「塩分チャージ」のタブレットなども販売していますので、バックの中に常備しておいて、スポーツドリンクと共に、それこそ「こまめに」塩分を補給するようにしましょう!!

夏のダイエット・肉を食べないのは危険ですよ

焼肉業界で「大豆ミート」が主流になる、これだけの理由:スピン ...

夏だし、あまり食欲もないし、焼肉は熱いし・・・。しかも、少しはダイエットしたいし。極端な食生活が重大な疾患を引き起こすのは、夏だからといって脂物を避けようとする「油抜きダイエット」です。

脂物で太ってしまうので、なるべく食べないようにしている、という女性も多いことでしょう。脂質には多くの多くの種類があり、人体にとって大切な資質もあります。多価不飽和脂肪酸といいまして、多くの資質が脂になってしまっても、人体の構成要素に必要なのです。

 

身体を作るものですので、まったく脂質を食べないというのは良くないことです。あまり肉を食べないと、日本人に不足しがちな「鉄分」が摂れなくなってしまうのです。特に女性は、焼肉屋のランチでもよいので、軽めに食べるようにしたいものです。

野菜中心の食事の危険性

「痩せたいので・・・」と、あるいは「菜食主義者が健康そうだから・・・」と思い立って、肉や魚を極力控えて、ベジタリアンを名乗っている方も多いものですが。

「野菜中心の食生活」で怖いのは「ビタミンB1」が不足することです。ビタミンB1の不足は「脚気」の原因となり、以前「江戸患い」といって大流行したほどの疾患です。

 

現代だから大丈夫だろう、というのではなく偏った食生活が続けば発病する可能性は十分にあるのです。「体がだるい」・「多量の汗をかく」・「頭がボーっとする」という症状は「夏バテ」だけではなく、肉や魚からの栄養を摂っていない可能性もあるのです。

夏のダイエット・夏こそカレーライスを食べよう

マリナーズ時代のイチローが毎朝カレーを食べていた脳科学的な ...

偏りがちな夏場の食事ですか゛、最もバランスを考えた食事をしたいものです。冬場は鍋物で野菜を摂取したり、肉や魚もバランス良く食べられるのですが、夏場はついつい、のど越しの良いものに偏ってしまいますよね。

栄養が不足しがちな「ビタミンB群」を考えますと、野菜と肉がたくさん入ったカレーライスがちょうどいいバランス食品です。「ビタミンB群」には他の栄養素も摂取できることになり、夏こそ「カレーライス」で栄養を摂取しましょう。

カレーライスは子供たちも大好きなので、多少暑くても気にせずに「おかわり」します。家族みんなの健康生活のためにもカレーライスを食べましょう!!

 

カレーライスのレシピ・・・https://kim-kuni.com/arenge/

カレーライスのアレンジ・・・https://kim-kuni.com/curryricearensi/

夏のダイエットに気をつけよう・・・https://gendai.ismedia.jp/articles/-/52571?page=4

スポンサードリンク