野球決勝はアメリカ・ソフト女子に続いてアメリカを倒して金メダルを

スポンサーリンク

甲子園をめざしての写真を無料ダウンロード(フリー素材) - ぱくたそ

オリンピック東京2020大会も終盤ですね。地元開催ということもあって、メダルラッシュに沸いている日本です。今夜は野球の決勝戦が行われる予定です(台風の影響が気になりますが)。

対戦対手は野球大国のアメリカ。世界最大の野球リーグである「メジャーリーグ」を擁し、競技人口も他国を圧倒するほどの選手数とチーム数。

この記事では女子ソフトボールと同じく13年ぶりの正式競技である「野球」の決勝をご案内したいと思います。本場の野球に勝てるのか?

野球の参加国は6ヵ国のみなのです

今回、野球が正式競技に「復帰」したのは言うまでもなく開催国が日本だからです。「開催都市推薦」として新競技(空手やサーフィン、スケートボード)等と共に野球も戻ってきました。

新競技で日本がメダルを量産している理由は、新競技が地の国や地域では「あまり浸透していない」競技だからなのです。開催都市が有利な競技を「推薦」してメダルを獲得しているのです。

 

ですから女子ソフトも野球も空手も次回のオリンピックでは開催されない競技となる予定です。実は野球も競技人口が多そうですが、世界的にはメジャーな競技ではないのですね。

日本で生活していると高校野球やプロや教に接する機会もありますし、テレビ観戦するチャンスも多いものですが、ヨーロッパなどではほとんど球技人口はいませんし、アフリカ大陸でも知られていないスポーツです。

そのような状況で正式競技となっても、球場すらない国ではチームを編成することもできず、ルールすら知られていないのが現状のようです。

 

オリンピック競技に入ったからといって、わざわざ浸透していない国が「チーム」を作ろうとは思わないものです。その費用は他の競技の強化のために使った方がメダルに近づくのです。

参加国は日本、メキシコ、ドミニカ共和国、韓国、アメリカ、イスラエルの6ヵ国だけ。正式競技なのに6つの国で3つのメダルを争うというのが、野球の置かれている現状なのです。

参加したら1/2の確率でメダルを獲得できる、というのも寂しい話ですが、世界的には他の競技の方が選手が多いのですから、致し方ないですね。

アリリカの影響を受けている国ではメジャーな競技

野球のボール04 | フリー素材ドットコム

参加国をご覧になってお分かりのように、アリリカに近い中南米やアジアで戦後に強い影響を受けた国、そしてアメリカの庇護を受けている国などが参加しています。それらの国がアメリカに倣って野球を始めたのでしょう。

サッカーがメジャーなヨーロッパや南米には浸透しませんでしたし、戦前のオリンピックには競技としては成り立っていませんでした。歴史的には正式競技としては短く、今回も13年ぶりの復帰なのです。

 

女子ソフトボールも参加国は少なかったですが、その中で日本女子は見事に「アメリカを破って」金メダルを獲得しましたね!是非、野球も本家の「アリリカを破って」金メダルを獲得したいものです。

ちなみに前回、13年前は日本チームは4位でした。メダルを期待されていただけに、準決勝で韓国に負けた際には国内のムードも悪く、出場選手へのバッシングなどもありました。

その時の主な選手を紹介しますと、星野監督(故人)、上原、ダルビッシュ、田中(将)、稲葉(今大会監督)など、当時のプロ野球界の相当たるメンバーが参加しての4位でした。

決勝戦の試合結果です

野球(ボールとグローブ)01 | フリー素材ドットコム

序盤に日本チームに先制ホームランが出てからは緊迫した試合展開で、互いに点が入らない状況が終盤まで続きました。

9回表にアメリカの送球ミスから日本が加点。2-0に。そのまま勝ちきり、日本が野球で「金メダル」を獲得しました!

 

これで男子・野球、女子・ソフトボール共に「アメリカ」を破っての優勝「金メダル」となりました。もしかすると、また長い期間野球もソフトボールも正式競技から外れてしまうかもしれません。

ですので、自国の東京大会できっちりと「金メダル」を獲得できたのは素晴らしいことです!

まとめ

横浜スタジアム (神奈川県横浜市横浜公園 野球場) - グルコミ

決勝戦が行われていた横浜球場です。この球場は高校野球の神奈川大会でも使用される球場で市民に愛されているスタジアムでもあります。

日本が決勝戦でアメリカと戦っているのですから、感染症がなければ球場は超満員で、ビール片手に数万人が楽しんだことでしょうに。残念ながら無観客試合となりました。

 

今回は野球の決勝戦の結果と参加国、野球の置かれいている世界的な状況や救助についてお伝えしました。早く感染症が終息し、安全に球場で野球観戦を楽しむことが出来る日が来るのを願います。

子供たちにとっては「将来なりたい職業」のベスト3に「サッカー選手・野球選手」は毎年ランクインしています。青空の下を大声で駆け巡る子供たちを早く見たいものですね!

東京2020オリンピックのメダル数です!・・・https://kim-kuni.com/medal58/

スポンサードリンク